ゲームで英語!Undertale(チュートリアル)

ゲームで英語
この記事は約5分で読めます。

日本のゲームの英訳版や海外のゲームのセリフなどで英単語を覚えよう!という企画。
豆知識的なことも書いていきます。

第2回はUndertale。オープニングからチュートリアルまでです。和訳は公式日本語版を採用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オープニング

Once Upon a Time(むかしむかし…)

オープニングのBGMのタイトルです。

おとぎ話で使われる『むかしむかし』という意味です。

ちなみに、日本語の『めでたしめでたし』に相当するのは“ever after“(その後ずっと)です。

あらすじ

Long ago, two races ruled over Earth: HUMANS and MONSTERS.

(むかしむかし ちきゅうには ニンゲン と モンスターという 2つのしゅぞくが いました。)

race【名】人種、種族

rule over【句動】治める、統治する、支配する

直訳すると、『ずっと昔、2つの種族が地球を治めていました。それは人間とモンスターです。』になりますね。

 

One day, war broke out between the two races.

(ところが あるとき 2つのしゅぞくの あいだに せんそうが おきました。)

After a long battle, the humans were victorious.

(そして ながい たたかいのすえ ニンゲンが しょうりしました。)

They sealed the monsters underground with a magic spell.

(ニンゲンは まほうのちからで モンスターたちを ちかに とじこめました。)

break out【句動】(急に・突然)起こる、 発生する

victorious【形】勝利を得た、勝った

seal【動】封印する、封をする

underground【名】地底、地下 【形】地底の、地下の

原語版も日本語版もほぼ同じ意味ですね。undergroundと似た言葉にsubterraneanがあります。形容詞で「地下の、地底の」という意味で、Undertaleでも何度か出てきます。

 

Many years later…

(それから さらにながい ときが ながれ………)

MT. EBOTT 201X

(イビト山 201X年)

Legends say that those who climb the mountain never return.

(それは 「のぼったものは にどと もどらない」といわれる でんせつの山でした。)

those who ~ ~する人々は

若干構文が複雑ですが、”Legends say that ~”で「伝説では~と言われている。」となり、that節でその伝説の内容を述べている形になっています。

that節は、”those who climb the mountain”が主語で、”never return”が動詞です。

まず主語の”those who climb the mountain”から説明します。

thoseに関係詞のwhoがついた“those who ~”は超頻出のフレーズで、「~する人々は」という意味です。ここでは”climb the mountain”なので、「その山に登った人」という意味になりますね。

動詞は”never return”=「決して戻ってこない」なので、that節は「その山に登った人は決して戻ってこない」という意味です。

ということで、「伝説では、その山に登った人は決して戻ってこないと言われている。」という意味になります。公式訳もだいたい同じ意味ですね。まとめると、下のような構造になっています。

Legends say that〈thosewhoclimb the mountain〕never return.〉

ところで、英語版では山の名前はMT. EBOTT(エボット)ですが、日本語版ではイビト山になっています。

有名な話ですが、こういう和訳になったのには理由があります。

EBOTTを逆から読むとTTOBEになります。これはUndertaleの製作者のToby fox氏から取られています。同じように日本語版のイビトを逆から読むとトビイになります。だからこうなったんですね。

チュートリアル

FLOWEY(フラウィ)

Howdy! I’m FLOWEY. FLOWEY the FLOWER!

(ハロー! ボクはフラウィ。おはなのフラウィさ!)

Howdyは”How do you do”の省略で、アメリカの口語で「やあ!」とか「こんにちは!」という意味です。親しみやすい感じですね。

“名前 the 種族名”の形で「種族名の名前」なので、”FLOWEY the FLOWER”は「おはなのフラウィ」です。

 

See that heart? That is your SOUL, the very culmination of your being!

(そのハートはね キミのタマシイさ キミという そんざい そのもの といってもいい)

soul【名】魂
culmination【名】極地、集大成

veryは”まさに”という意味です。直訳だと「まさに、キミという存在が積み重なったもの」という感じでしょうか?

 

In this world, it’s kill or BE killed.

(このせかいでは ころすか ころされるかだ)

フラウィの座右の銘です。信じるかどうかはあなた次第です。

 

What a terrible creature, torturing such a poor, innocent youth…

(なさけないわね… つみもないこどもを いじめるなんて…)

terrible【形】ひどい、恐ろしい

torture【動】ひどく苦しめる、拷問する

innocent【形】無罪の、無邪気な

トリエル登場シーンです。

What a 形容詞で「なんて~だ!」という感嘆文ですね。直訳だと「こんなに気の毒で、罪もない子供を苦しめるとは、なんてひどい生き物かしら」という感じでしょう。

日本語版は「いじめる」ですが、原語版のほうは”torture”となっています。”torture”は「拷問する」や「ひどく苦しめる」という意味なので、だいぶニュアンスが違っていますね。

まとめ

今回はあらすじとチュートリアルだけで終わってしまいました。

気が向いたらまた書きます。