TOEICには使うべきでない単語帳がある!専用本で効率的にスコアを上げよう!

TOEIC
この記事は約9分で読めます。

語彙力は英語を扱ううえで必須のものです。単語の意味がわからなければ、言われたことの意味を正しく理解することはできません。ですので、どのように英語を使うにしろその全てにおいて単語力は大事な基礎をなしています。

もちろんTOEICでも単語力は非常に重要です。スコアアップを目指す皆さんは語彙力が重要だということはお気づきだと思います。ですので単語帳を既に持っている方や、持っていなくてもこれから買うつもりという方がほとんどでしょう。

しかし、世の中には非常にたくさんの単語帳があります。まだ持っていない方はどれを選べば良いか悩むと思います。

そして厄介なことに、単語帳にはTOEICに向いていないものもあります。効率よくスコアアップするためにはTOEICに適した単語帳を選ぶことが非常に重要です。もしそのような単語帳を使っている方は、すぐにTOEIC向けの単語帳を買うべきです。一般的な単語帳としては優れていても、TOEICのスコアアップという視点から見ると非効率的なものもあります。

この記事では4点について書いています。

  • TOEIC単語の性質について
  • TOEICの勉強で使わないほうが良い単語帳
  • TOEIC対策におすすめの単語帳
  • TOEICより先を目指すための単語帳
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TOEICで出る単語には傾向がある!

TOEICは出る単語に傾向があります。例えば受験英語で頻出の単語もTOEICではほとんど出なかったり、逆に受験英語では出ない単語がTOEICでは頻繁に出る場合もあります。

ですので、TOEIC専用の単語帳をやることで効率的にスコアアップできます。

TOEICは単語が偏っているから役に立たない?それは誤解です

「TOEICは出る単語が偏っているから、覚えても実際に英語を運用するとき役に立たない」と言われることがあります。これは誤りです。

確かに出る単語は偏っていますが、そのほとんどが日常生活でよく使われる基本的な単語です。ですから、覚えて役に立たない単語はありません。難しいマニアックな単語を知らないとスコアを取れないということもありません。

「この単語帳を覚えても、TOEICの役にしか立たないのはちょっと……」などと思わずに、安心して覚えてください。

TOEICの単語だけでは対応できない場面もある

TOEICに出る単語は偏っているということは、TOEIC頻出単語だけでは対応できない場面もあるということです。例えば洋書や海外のドラマなどは、TOEICの単語だけ覚えた状態では全く語彙数が足りません。

そういったものを楽しみたい方は、TOEICの単語を覚えたうえでさらに語彙力を磨きましょう。もちろんTOEICで覚えた単語も役に立ちます。

この記事では、TOEIC単語を覚えた方が次にやると良い単語帳も紹介しています。

中学レベルの基礎単語に不安があるなら最優先

中学レベルの基礎単語に不安がある方は、TOEIC単語帳よりも先に中学レベルの単語をやるべきです。TOEIC単語帳は中学レベルの単語は載っていないことがほとんどです。

中学レベルの単語はあらゆる場面で頻繁に使われます。もちろんTOEICも例外ではありません。TOEIC単語帳に載っている単語よりもさらに頻繁に使われるので、わからないとTOEICの会話や文章をまともに理解できません。

大人になってから中学レベルの本を買うのはなんとなく恥ずかしいという方もいるかもしれませんが、基礎をおろそかにするのは本当に良くないです。今はネット通販で買えるので、少しでも不安がある方は買って確認したほうが良いです。

TOEIC対策の前に、英語の基礎をマスターしよう!
留年しながらも大学在学中にTOEIC930点を取得したうにだよの、TOEIC攻略法です。TOEICを勉強する前に、基本的な英語を勉強しましょう。

やめたほうが良い単語帳の例

ここでは、TOEIC対策に使うのはやめたほうが良い単語帳を紹介します。ほとんどは質が低い本だという意味でおすすめできないわけではなく、単にTOEICには向いていないのでおすすめできないだけです。

ここにある本を使っている方は、次節で紹介する本を買うことをおすすめします。時は金なりと言いますし、1000円弱で専用の本を買って効率的に対策をしていきましょう。

DUO3.0

DUO3.0は単語帳として見ると非常に優秀なのですが、TOEICに出ない単語が非常に多く含まれています。TOEIC対策という視点から見ると、DUO3.0をやるのはかなり非効率的です。

大学受験向け単語帳

本のレベルによりますが、受験英語とTOEICはやや単語の範囲が違います。

簡単な本ならやっても良いと思いますが、TOEIC向けの本をやるのがやはり一番効率的です。

TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック

TOEIC公式のETSが出した単語帳です。TOEIC対策本ではありますが、使いやすいとはとても思えませんでした。公式模試のほうは良くできているので、もう少し頑張ってほしいところです。

TOEICにおすすめの単語帳!

ここからはTOEICにおすすめの単語帳を紹介します。どれもTOEICを知り尽くした講師の方が書いているので、信頼できる本です。

銀のフレーズ

有名な金のフレーズの簡単バージョンです。TOEIC頻出の1000語が収録されており、約半分の500語は金フレと同じ単語が別のフレーズで収録されています。

600点や730点を取れれば良い方には金のフレーズよりも銀のフレーズをおすすめします。つい背伸びして金フレを選びたくなるとは思いますが、出やすい簡単な単語から潰していくのが効率的です。

中学レベルの単語からも選ばれていますが、これさえやれば中学単語は完璧とまではいきません。中学単語は知らないと致命的なことになりやすいので、別の本でしっかりマスターすることをおすすめします。

金のフレーズ

定番の金のフレーズです。TOEIC頻出の1000語が収録されています。銀フレは簡単すぎるという方や、既に基礎単語をマスターしていて800点以上を目指す方は金のフレーズが良いです。

金フレをやっておけば間違いありません。

『金のフレーズ』レビュー!超定番のTOEIC英単語帳はどう使うべき?
大学を留年しながらも、在学中にTOEIC930点を取得したうにだよのTOEIC本レビューです。 今回は超定番のTOEIC単語帳『金のフレーズ』のレビューです。 TOEIC当日に、電車や試験会場近くのカフェで読んでいる人をよく見か...

金のセンテンス

センテンスという名のとおり、DUO3.0のように文で覚えるタイプの単語帳です。金のフレーズと同じ単語プラスアルファが収録されています。

後半は文が複雑なので、それなりに英語力のある人でないとついていけないかもしれません。金フレの単語を別の方法で復習したい人や、英語力に少し自信のある方におすすめです。

この本は音声を無料でダウンロードできるのが素晴らしいです。ぜひ活用しましょう。

『金のセンテンス』レビュー!金フレの復習や音声で覚えたい人におすすめ!
TOEIC980点のうにだよによる『金のセンテンス』レビューです。金フレとの違いや、おすすめの使い方も解説しています。音声を無料でダウンロードできるので、聴いて覚えたい人にもおすすめできる単語帳です。

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

うにだよはTOEIC英単語帳を金フレシリーズしかやったことがないので内容は見ていませんが、こちらも評判の良い単語帳です。

金フレ銀フレが合わない方はこの本が良いかもしれません。

TOEIC単語を覚えたあとにおすすめの単語帳

TOEIC単語帳を終わらせた方がやると良い単語帳を紹介します。洋書やニュースを読みたいという方は、TOEIC単語だけではまだまだ語彙力が足りません。ここにあるような本で力をつけていきましょう。

また、紙面や効率の都合上、TOEIC対策本1冊ではTOEICに出る全ての単語をカバーすることはできません。ですので普通の単語帳をやることで、TOEICに必要な単語力も得られます。もちろん、はじめの1冊はTOEIC対策本をやったほうが効率的です。

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

TOEIC単語からステップアップしたい方は、英検準1級レベルの単語を覚えてみると良いでしょう。このレベルの単語まで覚えれば、世界がだいぶ広がったと感じられます。

究極の単語帳シリーズ

12000語が12レベルに分かれた重要英単語リストSVLの単語を収録した、網羅型の単語帳です。4冊構成になっており、1冊には3レベルの3000語が含まれています。つまり、1冊で普通の単語帳2,3冊分の分量があります。

網羅型という性質上同じ語幹の違う形の単語が何度も出てきたりするので、あまり効率的な本ではありません。しかし、抜けている単語を潰していく安心感は、他の単語帳では得難いものです。

TOEICよりひとつ上のレベルは上級編 Vol.3ですが、中級編 Vol.2の単語にもかなり抜けがあるはずです。さらに、初級編 Vol.1にも意外と知らない単語があったりするので、基礎単語に不安を残したくない方はやっても良いです。ご自身の語彙力に合わせて選んでください。最上級編のVol.4は英検1級レベルに足を突っ込んでいて、かなり難しいです。

DUO3.0

560本の英文から単語1600語と熟語1000語を覚えられる単語帳です。TOEICにはおすすめしない本として紹介しましたが、一般の単語帳として見ると完成度の高い文から覚えられるという点で他の本にはない魅力があります。

そして、復習用CDを使うことでこの本は真価を発揮します。基礎用CDは冗長なうえ高いので必要ないと思います。

英文も無味乾燥なものだけではなく面白いものもあり、ストーリー性も若干あるので楽しめるかもしれません。読み終えた人は皆「Bobがんばれ……」という感想を抱くことでしょう。

まとめ

つい家にある受験用の本を再利用してしまうという方も多いのですが、効率よくスコアを上げたいならばTOEIC専用の単語帳を使うべきです。

中学の英単語に不安がある方は、しっかりマスターしてからTOEIC対策本をやりましょう。遠回りしているように見えて結果的に近道になります。

TOEIC以外の英文を読めるようになりたい方は、ひたすら語彙力を伸ばすことが必要です。TOEIC高得点はスタートラインだと思って、果てしない鍛錬を続けましょう。TOEIC980点のうにだよも、単語帳に泣かされています。