【スプラ2】5分でわかる!初心者~上級者向けギアパワー解説(専用ギア編)

スプラトゥーン2
この記事は約10分で読めます。

今回はメインパワー専用ギアを解説します。ユニークな効果やわかりづらい仕様が多いので、知っておくとうまくギアを使えるようになります。

2019年6月25日のver4.9.0のアップデートの情報まで反映しています。

 

通常ギアパワーの解説はこちら

【スプラ2】5分でわかる!初心者~上級者向けギアパワー解説(通常ギア編)
スプラトゥーン2の通常(非専用)ギアパワー解説です。効果はもちろん、どんなブキ・どんなときに使うべきかも書いています。知っていると有利な仕様や、簡単な数値データもまとめました。適切なギアパワーを選べるようになると、試合の勝率もアップします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプラトゥーン2・メイン専用ギア解説

アタマ専用

スタートダッシュ

効果:試合開始から30秒間、移動に関する能力がかなり上昇する

試合開始から30秒間、以下の3種類のギアの効果をメイン3.0個分得られます。

  • ヒト移動速度アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • インク影響軽減アップ

発動中にキルかアシストを取ると効果時間が7.5秒延長されます。

正直あまり使い所はないですが、楽しいとは思います。

ラストスパート

効果:試合終了直前になると、インク効率が良くなる

条件を満たすと、以下3種のギアの効果を得られます。

  • メインインク効率アップ
  • サブインク効率アップ
  • インク回復アップ

ナワバリバトルとガチマッチで発動条件と効果の大きさが異なります。

ナワバリバトル:残り30秒になると、3種のギアの効果をメイン2.4個分得られる

ガチマッチ:相手のカウントが残り50カウントになると、3種のギアの効果をメイン0.1個分得られる。相手のカウントに比例して効果が大きくなり、残り30カウント以下で最大のメイン2.4個分の効果になる。また、延長戦中は相手のカウントによらず常に発動し、メイン2.4個分の効果を得られる。

試合終了直前の塗りが重要なナワバリバトルでは強力なギアです。甲子園や世界大会での採用も見られました。

ナワバリのラスト30秒でボムを2連投できるように調整するのもおもしろいです。(70%ボムはラストスパート+サブ効率を0,4か1,1で可)

アップデートにより、ガチマッチでは相手の残りカウントが50から少しずつ効果が発動するようになりました。

エリアの維持が重要で、敵味方互いにカウントが減りやすいガチエリアでも強いです。他のルールでは微妙です。

・ナワバリバトル

・ガチエリア

逆境強化

効果:自分のチームの人数が相手より少ないとき、スペシャルゲージが少しずつ増える

得られるスペシャルポイントは1人の人数不利につき2.16P/秒の定数値です。単純に言えば、1人味方がやられて8.5秒間人数不利になることで、約18ポイントを得られるといえます。

効果が定数なので、必要ポイントが少ないブキほど、割合で増えるスペ増と比べて相対的に大きな効果を得られます。

普通はスペ増を使用したほうが良いです。使うのであれば、塗りが弱く、かつやられづらい長射程で、スペシャルポイントが多くないブキに向いています。

ジェットスイーパー系で使う人が多かったですが、19年5月のアップデートで塗りが強化されたので、スペ増を積んだほうが良いでしょう。

カムバック

効果:復活してから20秒の間、一部の能力がアップする

やられて復活してから20秒間、次の6種のギアの効果をメイン1.0個分得られます。

  • メインインク効率アップ
  • サブインク効率アップ
  • インク回復アップ
  • ヒト移動速度アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • スペシャル増加量アップ

水没や落下でデスしたときは発動しません。

単純に戦闘能力が上がるほか、インク効率系とスペ増によって打開のスペシャルが貯めやすくなるのも良い点です。

やられやすい短中射程ブキでは、コストパフォーマンスに優れたギアパワーです。

前線までスーパージャンプで復帰しやすい、サブがジャンプビーコンのブキと非常に相性がよいです。同様の理由でスーパージャンプ時間短縮ステルスジャンプのギアとの相性もよいです。デス数が多くなる復活短縮ギアと組み合わせるのも定番です。

ナワバリバトルでは基本的に死なない立ち回りのほうが強いので、あまり相性がよくないです。さらにいえば、やられたあとは多くの場合、味方にスーパージャンプするよりも自陣を塗りながら復帰したほうが良いので、前線での効果時間も短くなります。

ナワバリバトルでも決して弱くはないですが、理由もなく使うのはやめたほうが良いです。

・短中射程ブキ

・サブがジャンプビーコン

・スーパージャンプ短縮・ステルスジャンプ・復活時間短縮と併用

・ナワバリバトル(弱くはないが相性は悪いので、理由がなければやめたほうが良い)

フク専用

イカニンジャ

効果:イカダッシュしたときの飛沫が見えなくなる代わりに、イカ速が遅くなる

イカダッシュしたときの飛沫が見えなくなりますが、イカ速が遅くなり、イカ速のギアパワーの効果も小さくなります。具体的には、イカ速ギアの効果が20%打ち消されたうえで、イカ速が90%になります。

強力な効果ではありますが、微妙に泳いだ跡が見えることと、音は消えないことに注意してください。上級者は音で接近に気づくこともあります。

ローラーやシューターによる奇襲をしやすくしたり、前衛ブキの撃ち合いを強化することができます。ただし、イカ速が遅くなるのは非常に痛いので、よく考えてから採用しましょう。

イカニンジャをつけているときに元の速度に戻すためには、イカ速のギアを軽量ブキでは2,3(GP29)、中量ブキでは0,7(GP21)、重量ブキでは0,2(GP6)必要です。

・ローラー

・短中射程シューター

リベンジ

効果:自分を倒した相手にサーマルインク効果が発動して、位置が見えるようになる
この相手を自分で倒すと、復活ペナルティアップの効果が発動する

復活後、直前に自分を倒した相手にサーマルインク効果が発動し位置が見えるようになります。この相手を自分で倒すと、復活ペナルティアップの効果が発動します。

4月3日のアップデートで、リベンジが発動した相手がやられるまで効果が永続するようになりました。(味方が倒しても消える)

あまり強力なギアとはいえませんでしたが、やられやすい前衛ブキには悪くないギアになったと思います。

サーマルインク

効果:メインウェポンを直接当てた相手の位置が、16秒間遠くから見えるようになる

メインウェポンの弾を直接当てた相手が、16秒間遠くから見えるようになります。潜伏している相手は見えません。ブラスターやエクスプロッシャーの爆風、スクリュースロッシャーの渦では発動しません。

至近距離ではサーマルインクが発動していても見えなくなります。この距離は、爆風ダメージ軽減・改のギアで延長されます。

相手を逃しやすい長射程ブキや、曲射しやすいブキにおすすめです。どちらにも当てはまり、1発だけなら球を当てやすいオーバーフロッシャーはとくに相性が良いです。

・長射程ブキ(ジェットスイーパーなど)

・曲射しやすいブキ(ダイナモローラーなど)

・オーバーフロッシャー

・ブラスター系、エクスプロッシャー(爆風を当てても発動しない)

・スクリュースロッシャー(渦を当てても発動しない)

復活ペナルティアップ

効果:倒した相手と、自分がやられたときのスペシャル減少量と復活時間が増える

自分と自分が倒した相手のスペシャル減少量と復活時間が増えます。

倒した相手の復活時間を0.75秒(45F)延長し、通常のスペシャルゲージの減少とは別に、追加で15%減少させます。ただし、自分がやられたときの復活時間が1.17秒(70F)、スペシャルゲージが追加で22.5%減少します。

この追加のスペシャルゲージ減少に対しては、スペシャル減少量ダウンのギアの効果はありません。

さらに、倒した相手の復活時間短縮のギアを85%、スペシャル減少量ダウンのギアを30%打ち消します。

例えば、復活短縮とスペ減をそれぞれメイン2個つけている相手を倒したとします。この場合、相手の復活短縮はメイン0.3個分(=サブ1個分)、スペ減はメイン1.4個分(=およそサブ5個分)の効果しか発動しません。復活短縮への対策として非常に優れていることがわかります。

なお、自分がやられたときにギア打ち消しの効果はないので、復ペナと復活短縮・スペ減を併用してもとくに問題はありません。

やられづらく、相手をキルしやすいブキに向いています。相手をキルしやすく、スペシャルがあまり強力でないクアッドホッパーブラックにも採用されます。

しっかりとキルを取れれば、相手がスペシャルを使ってくる回数が目に見えて減ることがわかります。前述したように、復活短縮への対策にも有効です。

・やられづらく・キルしやすいブキ(スプラチャージャー・リッター4K・ハイドラントなど)

・スペシャルが強力ではないブキ(クアッドホッパーブラック)

・復活時間短縮ギアの対策

クツ専用

ステルスジャンプ

効果:スーパージャンプの着地点が、近づかないと見えなくなる 

スーパージャンプで前線を維持しやすくなることで、有利状況での押し込みがしやすくなったり、逆に不利状況で押し込まれづらくなります。

とくにリスポーン地点から中央までが遠く、前線復帰に時間がかかるステージで有効です。

サブウェポンがジャンプビーコンのブキは、基本的には設置したビーコンに飛ぶため、あまり必要はないでしょう。

・短中射程ブキ

・リスポーン地点から中央までが遠いステージ(ホッケふ頭、ハコフグ倉庫など)

対物攻撃力アップ

効果:プレイヤー以外の物体に与えるダメージが増える

プレイヤー以外の物体に与えるダメージが増えます。

勘違いされることが多いですが、相手の傘(スパイガジェット・パラシェルター・キャンピングシェルター)に対しては効果がないです。

対象と効果量の一覧

()内はHP、一部の物体はブキによって元のダメージ倍率が異なるので注意

攻撃対象倍率
ナイスダマのアーマー(470)
ガチホコバリア(1000)
1.10倍
インクレール1.15倍
スプラッシュシールド(800~)
スポンジ
1.25倍
イカスフィア(400~)
バブルランチャー
1.30倍
インクアーマー(30)
インクアーマー(ハイプレ)
3.00倍
1.25倍
スプリンクラー(120)
ジャンプビーコン(120)
10.0倍
アーマー対策

インクアーマーをメイン1発で割れないブキのアーマー対策に使えますが、メイン性能アップでダメージが上がるブキの場合はそちらを使ってもよいです。どちらにもそれぞれ利点はあります。

元々ホコ割りが強いブキにつけると良い

ホコ割り強化に使えますが、効果が掛け算なのでホコ割りが弱いブキにつけてもあまり意味はないです。スパッタリーなどのホコ割りが強いブキにつけると強いです。

スプリンクラー・ビーコン対策

スプリンクラー・ビーコンに10倍のダメージを与えられるようになるので、ほぼどのような状況でも1発で壊せるようになります。

敵味方のバブルランチャーを割りやすくする

バブルランチャーに1.3倍のダメージを与えられるようになるので、自分の泡を割りやすくしたり、相手の泡を壊しやすくしたりできます。

アプデ後はハイプレのアーマー対策としては微妙

以前はハイパープレッサー使用時のアーマー対策としても使われていましたが、19年6月25日のアップデートで対物使用時のハイプレのアーマーに対する倍率が1.25倍に下がりました。

アプデ前はアーマーにハイプレを無効化される時間を約0.4秒減らすことができましたが、現在は0.1秒減る程度です。他に対物をつける理由がなければ、メインギアを1枠割く価値は無いと思います。

・インクアーマー対策(倍率3倍、どのようなブキでもほぼ確実に1発で壊せる)

・ホコ割りがそこそこできるブキのホコ割り強化(倍率1.1倍)

・バブルランチャーを割りやすくするため(倍率1.3倍)

・ホコ割りが弱いブキのホコ割強化(ブラスター系・スパイガジェットなど)

・傘対策(傘に対するダメージは増えないので、対物で対策はできない)

受け身術

効果:スーパージャンプとジェットパックの着地時に、スティックを倒した方向に転がることができる

スーパージャンプとジェットパックの着地時に、スティックを倒した方向に転がることができるようになります。転がったあとの3秒間、以下3種の移動系ギアの効果をメイン3.0個分得られます。

  • ヒト移動速度アップ
  • イカダッシュ速度アップ
  • 相手インク影響軽減

スーパージャンプ狩りを防ぐ目的であれば、ステルスジャンプのほうがよいです。つまり、ほとんどスペシャルがジェットパックのブキ専用のギアと言ってよいでしょう。

クーゲルシュライバーは受け身後の機動力上昇と相性がよく、ジェッパ終わりを狩りにきた相手を返り討ちにしやすいです。

キャンピングシェルターに使用する人もいますが、スペシャルのバブルランチャーを割りやすくする同じクツ専用パワーの対物攻撃力アップと、どちらかしか使えないことに注意しましょう。

・スペシャルがジェットパックのブキ
通常ギアパワーの解説はこちら
https://unidayo.com/splat-gearpower-exp3