TOEICリーディングの正しい時間配分!高得点を狙うならPart5対策が最重要!

TOEIC
この記事は約4分で読めます。

1留しながらも大学在学中にTOEIC930点を取得したうにだよの、TOEIC攻略法です。

今回はリーディングの理想的な時間配分について説明します。対象の目標スコアは730点以上です。600点が目標の人は、丁寧に解くことから始めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高得点を目指すための、理想的な時間配分

リーディングの試験時間は75分で、問題数はPart 5が30問、Part 6が16問、Part 7が54問です。

いきなり時間配分を書いてしまうと、Part 5・6を20分以内に終わらせて、Part 7に55分以上残すのが理想です。Part7に1問1分使うことができるようになります。

TEX加藤氏(金フレ・でる1000問)や加藤優氏(900点特急)をはじめとした、多くのTOEIC参考書著者もそう言っています。

Part 510分(1問20秒)で解き、Part 68分(1パッセージ2分・1問30秒)で解くのが目安です。

Part 5・6で時間を消費していては、いくらPart 7を勉強しても効果は薄い

これが一番言いたいことです。Part 5・6に30分や40分かかっていては、いくら対策をしようとも、Part 7をまともに解くことはできません。

丁寧に解けば20問以上解けずに時間切れになるでしょう。スピードを重視して解けば、正解率が犠牲になるでしょう。

「Part 7が苦手、時間が足りない」と言っている人の多くは、長文が苦手ということ以前に、Part 5・6で時間を使いすぎていることが問題なのだと思います。

つまり、Part 5・6を優先して勉強すべき!

Part 5をやれば、Part 6の対策は不要

ということで、Part 7の長文の勉強をする前に、Part 5・6を先に対策すべきなのです。

Part 6はPart 5と同じ文法事項が出ます。Part 5の文法で解けないPart 6の問題は、文脈から判断して解く問題です。つまり、Part 5を勉強すれば、とくにPart 6の対策をする必要はありません。模試で慣れれば良いでしょう。

Part 5対策はPart 7にも役立つ

さらに、Part 5を勉強すると、やや複雑な文の構造を理解するのが早くなります。これは、長文を読むとき非常に役立ちます。

具体的にいうと、「これどこが主部だ?」とか「これは過去形の動詞なのか、名詞を修飾する過去分詞なのか見分けがつかない」ということがなくなります。

Part 5の対策はPart 7にも役立つのです。これもPart 5を先に対策すべき理由です。

どうすればPart 5を1問20秒、Part 6を1問30秒で解けるようになるか?

はじめはPart 5を重点的に勉強すれば良いことが分かりました。どのように勉強すれば、Part5を1問20秒、Part6を1問30秒で解くことができるようになるでしょうか。

「問題を大量に解いて、頭にパターンや解き方を叩き込む。」これが一番です。どのような種類の問題か素早く理解して、時間をかけずに正解を選べるようになってください。

これができるようになると、あまり頭を使わずに解けるようにもなり、後半集中力が切れてしまうということもなくなります。

おすすめの参考書

「問題を大量に解いて、頭にパターンや解き方を叩き込む。」これを実現できる参考書があります。それは、TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問です。その名の通り、Part 5の問題が1000問以上収録されています。

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 | TEX加藤 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでTEX加藤のTOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問。アマゾンならポイント還元本が多数。TEX加藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またTOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

タイトルを見ただけでやる気がなくなりそうな本ですが、スピーディに解けばさほど時間はかかりません。わからない問題はあまり考えず、すぐに答えと解説を見ましょう。

↓詳しいレビューはこちら

『文法問題でる1000問』レビュー!Part5はとにかく数をこなそう!
大学在学中に1度留年しながらもTOEIC930点を取得したうにだよが、TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問をレビューします。

 

でる1000問をやりこんだあと、少し難しい問題の対策をしたい人には900点特急もおすすめです。

 

TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ) | 加藤 優 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで加藤 優のTOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。加藤 優作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またTOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)もアマゾン...
新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5 | 加藤 優 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで加藤 優の新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5。アマゾンならポイント還元本が多数。加藤 優作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

本番での心構え

もちろん、すべての問題を20秒で解くわけではありません。簡単な問題は10秒くらいで解けるようになるでしょうし、難しい問題は30秒くらいかかるかもしれません。

というわけで、難しい問題には20秒以上使っても大丈夫ですが、少し悩んでもわからない場合は直感で選んで、時間を使いすぎないようにしましょう。日頃の勉強でこれを意識していないと、本番でもできません。

まとめ

  • 高得点を目指す人は、Part5・6を20分で終わらせ、Part7に1問1分残そう
  • Part5・6に30分以上かかるような状態で、Part7の対策をしても効果は薄い
  • でる1000問をスピーディにやって、頭に解き方とパターンを叩き込もう
  • 勉強中・本番ともに、わからない問題で悩んで時間を使わないこと

 

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 | TEX加藤 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでTEX加藤のTOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問。アマゾンならポイント還元本が多数。TEX加藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またTOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問もアマゾン配送商品なら通常配送無料。